MENU

よくあるご質問

Q&A

皆様からよくいただく質問に武田院長がなんでもお答えします。
矯正歯科に関することや歯の悩みはもちろんのこと、どんなに些細な事でもお答えします。
お気軽にお問い合わせ下さい!

Q1

学校健診で不正咬合のところにチェックがついていました。どうすれば良い

歯並びや、かみ合わせの形態的(見た目)にチェックしています。
受け口や出っ歯、ガタガタな歯並びなどがあると判定されます。
必ずしも治療を受けないといけないわけではありませんから、これを機会にかかりつけの歯医者さんで相談してみましょう。

Q2

インプラントはできますか?

可能です。
インプラント専門の医師を呼び、明神歯科・矯正歯科医院にて治療をさせていただきます。

Q3

MEAWって何?

「ミョウ」とか「マルチループ」と言っています。
正式には、マルチループエッジワイズアーチワイヤー(Multiloop Edgewise Arch-Wire )略して MEAWと記します。
スタンダードブラケットとブルーエルジロイワイヤーを組み合わせ、歯を理想的な位置に動かします。

Q4

ゴムメタルワイヤーって何?

柔らかく、しなやかなワイヤーです。なおかつ、腰が強くて強度も十分あります。
そのため MEAWよりもデザインをシンプルにすることが可能になりました。
主成分はチタンでβ系チタン合金に属します。

Q5

矯正治療では、どれ位の間ワイヤー(針金)を付けるんですか?

ワイヤーを装着する期間は1年半前後です。ただし個人差があるのであくまでも参考にしてお考え下さい。

Q6

矯正治療では、必ず歯を抜くのですか?出来れば抜きたくないのですが。

歯はすべて大切なものです。基本的には抜歯はしたくありません。
しかし、いろんな意味で問題を起こす第三大臼歯(親知らず)については、抜歯して治療を行います。
小臼歯は下顎の位置を決定する重要な歯。明神歯科ではなるべく抜かないような治療方針を考えます。

Q7

大人では子供に比べて治療期間が長くなるのですか?

基本的には、大人も子供も治療期間に差はありません。
「頑張って治したい。」という気持ちがあれば大丈夫です。

Q8

子供の歯並びが気になります。何歳位から治療を始めたら良いのですか?

当院では、乳臼歯にオーバーレイのかぶせ物を装着した矯正治療を行います。
かぶせ物を作るには下顎の機能検査が必要となります。
小学校に入学する年齢であれば検査は可能です。
かみ合わせや歯並びについて気になることがあれば、お子様の年齢に関係なく、いつでもお気軽にご相談ください。

Q9

子どもの時から矯正治療をするメリットを教えてください。

成長期から治療を開始する事によって 上下の顎(あご)のバランスが良くなると考えられます。
つまり、重篤な受け口の骨格、出っ歯の骨格から回避できる可能性がアップします。
ということは、大人になって本格的な歯列矯正をしなくてもよいという可能性がアップします。
本格的な矯正治療を行うにしても 治療が簡単になるので治療期間は短くなります。

Q10

小学6年生の子供の正治療は子供の場合と大人の場合のどちらを見ればいいですか?

小学6年生となると、一般的に考えられるお口の中の状態は混合歯列(乳歯と永久歯が混在している時期)の後期もしくは乳歯がすべて永久歯に生えかわった永久歯列の状態と思われます。

子供の矯正治療は、乳臼歯の上にかぶせ物をオーバーレイして治療を行います。
そのため、生えかわり間近な乳歯がある混合歯列後期のお子様の場合だと「子供の矯正治療」は微妙なタイミングです。
すでに永久歯列になっているなら、マルチブラケット装置を装着してかみ合わせを積極的に整える「大人の場合」の矯正治療になります。

© 2020 明神歯科・矯正歯科医院